第8回 セミオーダーとフルオーダーについて

さて、とても期間が開いてしまった全10回にわたる重要告知シリーズ。
まずは今までのおさらい。

第1回 【製品説明シリーズVol.1】 中離について
第2回 【製品説明シリーズVol.2】 束離について
第3回 【製品説明シリーズVol.3】 雨露離について
第4回 【製品説明シリーズVol.4】 誂征矢について
第5回 【納期について】
第6回 【製品説明シリーズVol.5】 写しについて
第7回 【ご来店について】

で、今回は「セミオーダーとフルオーダーについて」です。
まずはどう違うのかというご説明から。
【セミオーダー】
既製品のサイズがS〜2Lまであるのですが、既製品というのは当然サイズ別に裁断を同じ型で行っております。
その型を用いて、お客様の手形から一番近い型を選びます。次に、指のサイズなどをみて太さや長さを調整製作します。
これで出来上がるのが、セミオーダー品となります。
元々は既成の型から出来ているので、ミリ単位の調整や、シワ等のクレームに関してはお受けできません。
セミオーダーというのは、サイズが「大きく違っていない」ということを前提にしています。
もちろん、修正や調整は無料で行います。感覚的にあっていないと思われるお客様には、返品交換(作り直し含む)も承ります。
【フルオーダー】
フルオーダーは、「誂品」のみのお請けとなります。
型からの裁断ではなく、手形を元に「手裁ち」していき、極力ミリ単位の調整やシワがでにくく製作することが可能です。
フルオーダーになりますと、基本、何でもご要望にはお応えする形となりますので、自由な発注が可能となります。

発注全般に言えますが、お客様によっては、弊社の判断にて発注そのものをお断りすることもございます。※修理も含め
弓道をされている方は、ほぼ常識人なのですが、たまにちょっと「?」の方もいらっしゃいます。
一生懸命ご意見として聞き、様々な打開点を探りますが、まったく意図していることが伝わらない方は、大変申し訳ございませんが相手をするだけ時間の無駄ですので、一切相手にしないことにしております。
何卒ご了承くださいませ。
さて、次回は「製品説明シリーズVol.6 正離/征竹/鹿鳴/諸カケについて」です。

気になったらシェア