CATEGORY 未分類

鹿革水濡れ実験

今さらですが、カケに水分は厳禁です。 しかし、鹿革について調べていると、よく「鹿革は水に強く――」といったくだりを見かけます。これって矛盾していないか??と思い、改めて実験してみることにしました。 使用したのは小唐握り革…

カケを長持ちさせる方法(メンテナンスのご案内)

梅雨時ですね。店長です。 時節柄、生徒・学生さんの新入生でそろそろ自分のカケを手にされる方も多いのではないでしょうか。湿気が苦手なカケの使用開始が梅雨時というのはなかなか大変だと思いますが、少しでもカケを長くきれいに使う…

プチレビュー 征竹

(;^ω^)再び、何の脈絡もなく今度は征竹のレビューです。 尾州竹林流の「竹林カケ」と弊社既存のカケから「いいとこ取り」をしたオリジナル品、征竹(せいちく)です。 特製、一般用(燻*)、一般用(丸染め*)の3種類がありま…

プチレビュー 鹿鳴特製

( ゚ω゚)何の脈絡もなく鹿鳴特製のレビューです。   鹿鳴は「ろくめい」と読みます。和帽子カケのブランドです。   特製は燻革なので、燻の香りが漂います。   弦枕・弦道はありません。親指…

カケ帯の交換法

どうも、春は名のみの店長です(‘・∀・`) カケ帯の交換法について、以前も一度ご紹介しましたが、今回はより詳細にお伝えします。 ※不安な場合は、携帯やデジカメなどで作業前の写真を撮っておくとよいかもしれません…

小ネタ in 過去記事 「特殊カケ2」

今回は、弊社オリジナルの「正離(しょうり)」、「征竹(せいちく)」、「鹿鳴(ろくめい)」についてです。   2013年12月27日 (金) 長い二の腰が特徴的な「正離」です。     201…

小ネタ in 過去記事 「製作レベル」

今回は、製作工程についてです。どんなものでも、高コストだから良いものとは限りませんが、良いものにはだいたい手間暇かけてあるんですよね…( ;∀;)     2013年07月12日 (金) 「製作の工程…

小ネタ in 過去記事 「特殊カケ」

今回は、特殊なカケについてです。 流派の詳細については関知しておりませんので、ご質問にはお答えできませんことをあらかじめ申し上げておきます m(_ _)m     2012年06月13日 (水) 竹林…

小ネタ in 過去記事 「三慶作」

今回は、「三慶」銘のカケについてです。     2012年06月29日 (金)三慶作が名匠と呼ばれる所以のひとつがコレ↓腹革の下に白く見えるのは、和紙です。腹革替をするときに、弦道を形成している下の牛…