思い込みについて 【過去記事引用】

最近またも依頼があっていますので、「おもいこみ」に関してのものです。

「弦道が指先の方につきすぎてひきずらいので、もっと根元にしてもらえないか」という御依頼。

なるほど、外見上の所見は特に問題ありませんでした。
おそらく弦道の下の縫い目(×××となっている部分)からの距離が離れている為、錯覚的に前に出ていると思われているのだろうと判断。
しっかり計測した後…

腹革/捻り革を外し、「なにも扱わないまま」縫い目を上げてお返しすることに。

やはり、弦道の位置自体に特に問題はありません。

少しだけ(2ミリ)腹革を指先側に貼り、縫い目を弦道に近づけてあげます。

縫込み

計ると相対的に弦道が、下におりてきたように見えます。実際は何も変わっていません。


思い込みというのは、新品のカケを買ったときなどに多く感じるようです。

気になったらシェア