小ネタ in 過去記事 「特殊カケ2」

今回は、弊社オリジナルの「正離(しょうり)」、「征竹(せいちく)」、「鹿鳴(ろくめい)」についてです。

 

2013年12月27日 (金)

長い二の腰が特徴的な「正離」です。
IMG_1260
IMG_1259

 

 

2014年04月03日 (木)

特製になりますと、また雰囲気が違って参ります。
IMG_1921
IMG_1923

 

 

2013年12月19日 (木)

竹林カケをヒントに作られた「征竹」です。控が無く、親指に「まわし紐」をかけて締めるという使い方をします。
IMG_1207
IMG_1206
IMG_1204
IMG_1205

 

 

2014年07月03日 (木)

こちらも、特製にはひと味違う雰囲気があります。
IMG_2398
IMG_2399
IMG_2400

 

 

2012年06月05日 (火)

「鹿鳴」いわゆる「和帽子(わぼうし)」と呼ばれる、親指が完全に柔らかいカケです。
DSCF0377
※印が「束離」になっているのは、既製品で革を流用する場合があるからです。

DSCF0378
弦道はありません。

 

 

2007年02月25日 (日)

帽子の内部にはこのような違いがあります。
454
左から、普通の堅帽子、征竹、鹿鳴の帽子です。

堅帽子は腰の部分が牛革の張り込みになっていて、堅いです。

征竹の腰部分は鹿革で、柔らかいです。

鹿鳴はすべて鹿革です。

 

気になったらシェア