手に添う、ということ

本日は、メンテナンス品の品で感じたことを。

IMG_4097

コレはお客様からメンテナンスとして送っていただいた束離です。

使い込んだことによる、この帽子から腰、控にかける絶妙なライン。美しいな、と思いました。腰が折れているように見えますが、決して折れていません。しなやかに手に添っています。多少深くとりかけてはいますが。

初めて弓道に触れたとき、新品のカケを買って、おそらくほとんどの方は大きさや挿し心地など、まったくわからず、なんとなくそのはじめてのカケに順応していたと思います。

カケは革製品です。使い込めばおのずと手にあってきます。

手にはあってきますが、その技量とともに道具も良い物を揃える事をお勧め致します。

道具はとても重要です。大切に扱いましょう。

 

気になったらシェア