修理課日記

メンテナンス集〜
※最近は、メンテナンス風景を載せていませんが、余りにも数が多いので割愛させていただいております。
なので、最近の対照的なメンテお二方をご紹介。

 

山口県W様
初めて御依頼いただきます。他店購入ですが、弦道の削れでの修理を御依頼いただきました。

アフター

メンテで直る範囲なのですが、初めてのメンテが、だいぶ使用されてからですので、ギリ粉などが弦道に付着し、完璧にメンテできません。

これを、完璧にしようとすると腹革替の修理しかなくなります。

 

 

長野県S様
遠方ですが、マメにメンテに出していただいています。

アフター

良い弦道が形成されています。

 

 

最近、全国の高校、大学弓道部の関係者の方からカケについてのお問合せを多数いただいております。大変ありがたいことだと感じております。

弊社製品は、全国弓具店様で取り扱いがございますが、まったく取り扱いのない弓具店様も多々存在いたします。

弊社では「売れればよい」と売りっぱなしにされるような弓具店、または、全日本弓道具協会会員でない弓具店にはお取り扱いを拒否させていただいています。

それは、弊社の商品であれば「どの弓具店様で購入されても、最低限の修理保証を弊社が代行する」という理念に基づいている為です。

弊社の商品を取り扱われていない弓具店様は、もしかすると取り扱えないのかも知れません。弊社取り扱い弓具店様は、弊社にお尋ねいただければ、お客様のご指定の範囲、または居住地にて随時お答えしております。

初めて弓道をされる方におかれましては、弊社商品に限らず、良い道具に出逢われますことを祈念いたしております。

気になったらシェア