修理課日記

弊社製、30年以上前のカケですね。
腹革、帽子革替の御依頼

紐台つき、大控。かなりの高級品だったと思われます。

先々代の印。

帽子革を外すと粉砕割。

硬化剤で補修

完了


先々代のカケに関しては、現存しているものは、とても価値があると弊社では考えています。
今回のようなオリジナルを綺麗に保った状態でしたら、3万円〜ほどで下取りも可能ですので、先々代のカケをお持ちの方は是非ご相談ください。

 

 

岡山県F様 他社品正澄 弦道の根元に修正の御依頼
一度指先側に移動したとの事ですが…

赤いラインまで寄せるとの事。というか、弦道がないですね…

ちなみに、修理にはまったく関係ありませんが、この補強の仕方はビジュアル的にあまり好みではありません(汗

完了

 

 

弓具店様より、他社品 台革交換
ボロボロ具合がイカシマス。


剥離完了

帽子の内革がありませんね(汗

新たな台革用意

挿げ込み

弦道はそのままですが、帽子との境を補強します


完成


脱皮お疲れ様でした。

気になったらシェア