修理課日記

ご来店されて帽子/腹革/中指革交換
特に何の変哲もない修理だったのですが、前回帽子の「外周切りつめ」の修理をさせていただいたのです。
「なんだかベコベコする」ということですが、帽子の耐久性が落ちたらしく、帽子が損傷していました。


大変申し訳ありません。常々当ブログで「穴が開いた帽子使って云々」と言っていたのにも関わらず、耐久性の判断ミスをしてしまいました(汗
と、いうことで、帽子復元修理。

まずは鹿革の硬い部分で一次張り込み。

削り込んで焼きいれ。ただ、全然柔らかいですし、形もそのままです。


次に牛革で強度と形を形成します。


削り込み、形を整えていきます

形成終了


硬化剤投入。ほぼ元の木よりも硬度が出ます。

こんな感じに


帽子革をかぶせ、終了


帽子切詰は、耐久性を重視してやっているつもりですので、修理御依頼頂いたお客様はご安心ください。

気になったらシェア